野球好きの読み物

野球好きが見たこと、聞いたこと、考えたことを記事にしていきます。

【高校野球】野球部の女子マネージャーの仕事内容特集!どんな仕事があるのか?やることって何?



Advertisement


この記事をシェアする

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]

最近の甲子園では昔と比べて圧倒的な実力を持った球児たちの出現に注目が集まったりしていますが・・・、それと同じくらい、甲子園出場校のマネージャーに注目が集まっていますね。

どこの高校のマネージャーが可愛い、いや、あそこの高校のマネージャーがかわいいと高校野球ファン達の間で議論されるのは毎年のことです。

最近はそのせいか、高校に入学すると野球部のマネージャーを志す女の子も増えてきているんじゃないかなぁ??と思います。

そこで・・・今回は高校野球部のマネージャーの仕事内容とは何!?ということで、

野球部のマネージャーの仕事内容について調べてみました(*^_^*)!

これからマネージャーを目指す人に読んでもらいたい記事です。

 

ボクの高校の野球部女子マネージャーの仕事内容(実体験)

本当にあった野球部女子マネージャーの話し

こちらはボクの実体験となります。

いまから大体、10年くらい前の話しなのですが・・・(苦笑)

今と変わっているかもしれませんが・・・。

ボクは公立校に通っていました。その母校の野球部では女子マネージャーがいました。

1-3年生全学年全員を合わせると4人くらいだったかなぁと思います。

割りとしっかりとした野球部だったので女子マネージャーも一生懸命仕事をしていたのを思い出します。

練習中の仕事内容

練習中は練習のサポートが多かったです。

選手が飲むためキーパーを準備したり、監督がノックをする時のボール渡しや監督に言われて何か分からないメモを取っていたり、ボール拾いなどもしていました。練習時にベースランのタイムチェックや球数やノックなどの時間管理などもやっていましたね。

あとほつれた硬球を縫ってティーバッティングなどで使えるようにしたり、夏は部員のお守りづくりに千羽鶴、部室の掃除や監督に言われて謎の資料整理などをしていた覚えがあります。

試合中の仕事内容

こちらは女子マネージャーといえば、良く思い浮かぶあれです。

そう、スコアブックの記入です。試合中は主にスコアブックの記入とキーパーの準備、あとは応援とかだったと思います。場内アナウンスとかもやっていたなぁ。

 

簡単に思い出すとこんな感じですねー。

今でも監督に言われて何やらメモっていた内容とまとめていた資料は一体、何だったのか・・・・。すごく気になるところです。

女子マネージャーを見て思った。

「うわー、大変そうだなぁ」と。

ボクの野球部の女子マネージャーはよく動く子たちが多かったので、仕事内容も一生懸命やっている子たちが多かったので大変そうだなぁと思っていました。

 

他の高校の女子マネージャーの仕事内容はどうなのか?

実際に高校時代に野球部の女子マネージャーを経験した女の子に聞いてみました。

やはり、内容はどこも似通っているようで主にボクの高校と変わらない雑務が多かったようです。

練習中の仕事内容

・部員のためのお茶づくり(キーパー)

・グラウンドの整備

・球拾いの手伝い

・ランニングのタイム計測

試合中の仕事内容

・スコアブックで記録

・場内アナウンス

どんなことを心がけていたか?

やはり、何も言われなくても自分で判断して動くということを大事にしていたようです。小さなことに気づいて素早く対応する。これを心がけていたそうです。

 

高校の女子マネージャーの仕事内容まとめ

今度はググってみました。そしたら色んな仕事内容が出てきました。

そして、実体験と聞いた内容も含めて高校野球の女子マネージャーの仕事内容をまとめました。

練習中の仕事内容

・貴重品集め
・ドリンク作り(キーパー)

・ティーを投げる手伝い

・タイマー計測
・タイマー読み上げ
・部室の掃除
・道具運びのお手伝い
・道具の手入れ
・グラウンド整備のお手伝い
・応急手当
・消灯、施錠

試合中の仕事内容

・審判に水をもっていく
・スコアラー
・けが人の応急手当
・ドリンク作り(キーパー)
・監督さんや審判さんと談笑

・他校の案内役

・場内アナウンス

それ以外の時間での仕事内容

・遠征費や部費の集金

・消耗品の買い出し

・昼・夜のご飯を作る

・洗濯

・お守り作り

・千羽鶴

・吹奏楽部とのやり取り

 

こちらまとめてみましたが、大体は分かるけどもこれが分からないというものがあるかもしれません。

大項目に分けて書いてみたいと思います。

 

ドリンク作りとは?

選手の飲み物を作ります。基本的にはキーパーと呼ばれるもので作ることが多いです。

そのため、キーパーを洗ったり、コップを洗ったりもしないといけません。

アクエリアスやポカリスエットなどスポーツドリンクを作っている高校もありますが、麦茶などで代用している高校もあります。そこら辺はおそらくコストの差です。

 

練習の手伝いとは?

女子マネージャーは数々の練習の手伝いをします。

ノックの際はノッカー(ノックを打つ人)にボールを渡す役割をします。テンポよくタイミングよく渡さないといけません。

ティーバッティングは選手にボールを投げます。ちょうど良いところに投げるコントロールが必要になります。

タイマー計測は、選手が走るタイムを計測したりします。

 

道具の手入れとは?

野球って意外と道具が多いスポーツです。

ヘルメット・バット・ボール・キャッチャー道具一式などこれらを磨いたり、テープが取れたりほつれていたら補修したりなどを行うのも女子マネージャーの役目です。

 

グラウンド整備とは?

こちらはトンボという道具を使って、練習で使ったグラウンドを綺麗に整備します。

 

場内アナウンスとは?

よくプロ野球の試合とかを見ると「1番、センター、〇〇」とアナウンスが流れると思いますが、あのアナウンスをやります。より実践に近づけるためです。

「ファウルボールにご注意ください」というアナウンスはおそらくいりません笑

 

スコアラー

野球部の女子マネージャーといえばやはりコレ。

甲子園などで制服姿の女子マネージャーがベンチ入りしていますが、

これはスコアブックを付けています。スコアブックとは、簡単に言うとその試合の記録をまとめたノートです。

ピッチャーの球数、ファーボール数から三振数、バッターのヒット数、凡打数や点数など様々なものを書き込みます。

 

あとヤフー知恵袋を調べていたら、

すごく具体的に分かりやすく書かれている記事を発見しました!

こちらもチェックしてみてください(*^_^*)

硬式野球部のマネージャーをしていました。

平日は
朝6:00に集合➲朝練なので
5:30には着いて
鍵を開けて、お茶(ジャグ2つ)・バット・ボール等々出しておいて部員が来たら練習できるようにしておく

7:30まで朝練があり
お茶のジャグを洗い、バット・ボール等々を拭いて片付ける

8:20登校



4:30放課後練習開始
ここは早く行くことはできない…
アップ開始
マネージャー1人か2人はアップに
ついた方がいいかと。
タイム計測、記録を1人で行っても、
野球のグランドは広いので
大きく使っても2箇所ぐらいでアップできるので。
そして他のマネージャーは少なくとも部員がアップ終わるまでには
お茶(ジャグ4つ、タンク2つ、塩4つ)・バット・ボール・白線引き・出欠確認(監督、コーチにも伝える)
までは終わっておく。
大体グランドの状態を考え、
初めの練習はバッティングですので、
そのときはお茶があまり減りません。
マネージャーのうちの1人は
買い出しに行ける時間です。
行くべきなら行きます。
この時お金は部費でいきますので、
レシートは必ずもらい、帰って来たら何円使ったか何円残ってるか
家計簿的なものをつけます。
残りのマネージャーは、お茶の残量確認(なくなっていたらタンクで補充します)・洗濯物・試合データ比較・新聞切り抜きなど裏方をできる時間です。
まだマネージャーが残っているなら、靴箱掃除・部室掃除・顧問室掃除。掃除すべきところはいっぱいあります。
あとは外に大きなホワイトボードがあり4ヶ月分予定を書き込めたので、
書き込む係も、さらには高校野球では、
今、練習試合するべき相手。というのが必ず存在します。その相手に練習試合を申し込んだり、
審判(休日は高校野球の審判をしているサラリーマン)っていうのがいるので、
連絡先をゲットし、練習試合が決まったら連絡して来てもらえるよう頼みます。
なるべく公式戦でも活躍されるような審判の方がいいです(審判によってストライクゾーンなどが違ったりするので、公式戦で当たる前に練習試合でゾーン確認するため)

バッティングが終わりましたら
ノックでしょう。
ノック後みんなお茶を飲みまくるので、
ノック前にはパンパンにしておきます。
ノックが始まれば
監督へのボール渡し、球拾いが仕事です。
ボール渡ししている時は球が飛んで行く方向を見ます。
初めは一人一人の捕り方投げ方の特徴を掴み、
だんだんそれが、今日違うぞ?と気付くことが出て来ます。
そしたらノックが終わり、お茶を飲んでいるその子に、
左手の小指痛そうやね、冷やそうか?
肩痛そうやったね、テーピングする?
と勧めることができます。
強豪になればなるほど、部員は
テーピングなど弱音を吐いてるようだと嫌がります。
監督にやる気がないと思われると。
そこをマネージャーが勧めて来たから、
という状態にしておくと、
部員も休めるし、治るのも早いです。

ノックが終わればティーバッティング。
というのをします。

というか、部員数にもよりますが、
ノック中残りのスペースを使い
してることが多いでしょう。

ティーバッティングは
打ち方を矯正したり、確認していく
練習ですので、
マネージャーもじっくり見ながら
あの子今度の試合では左打ちしてみるんか…。など、それぐらいは把握しておきます。

あとはバント練習など、日によって練習内容は異なりますが、
全ての練習内容に積極的に参加します。

練習終了20:30
片付け終了21:00
今日使ったお金や、部員の体調報告、
木曜・金曜なら、その週の土日の練習試合の相手のデーター報告を21:30ぐらいまでして帰ります。


続いて休日は
どの高校に行かれるのかわかりませんが
私たちの高校は休日は基本練習試合をしていました。
6:30集合だったので
6:00には着き、
お茶(ジャグ4つ・タンク2つ・塩4つ)
※休日はこれでも足りないので、使ったお茶っぱはまだ使えるやつはラップしておいておく。
バット・ボール
相手校のテントを張りレジャーシートをひく
二校以上くるならどちらがどっちの高校か来た時にわかるよう張り紙する

少し雨模様、だけど試合はしそう
なら、テントは無しにして
部室の一部を解放する、いつもより念入りに掃除し、ロッカーを開けておく

6:30 部員がベンチの掃除やグランド整備をする
マネージャー2人を残して掃除や整備を手伝う。
残ったうちの1人は、出欠確認、監督コーチのお茶出しをして、
3回、5回、7回に審判に給水をするのでその時のためにアクエリアスを紙コップ4つに入れ、ラップしお盆に乗せお盆ごと冷蔵庫に入れておく。

7:30 相手校が到着する
挨拶をし、部員をテント(または部室)に誘導し、監督コーチ陣を本部席へ。
本部席でお茶かコーヒーを淹れて、
待機していただく。
自分の監督を呼び、監督コーチの挨拶が行われるので、時間があるなら見守る。(次いつしましょうとか話が出てきて、スケジュール確認や、何か頼まれごとをすることが多い場面なので)

でも途中に、一度抜けて
相手校のマネージャーかキャプテンに
アナウンスのオーダー表を渡す。
(相手校はアナウンスを私たちがやることを知らないため、二試合するなら二試合分のオーダー表しか持ってきてないことが多い。自分たちもベンチとアナウンス席で二枚オーダー表がある方が便利)
渡す際、アナウンスならではの注意点だけ言っておく。
(ひらがなで書いて欲しい、同じ名字の部員がいるなら下の名前も書いて欲しい。)
監督の元へ戻る。

監督同士の謁見が終わる頃、
審判が来る。
審判を本部席へ誘導し、
審判のお茶又はコーヒーを用意、
審判が新しい人なら連絡先を聞く

8:30ごろになると、
相手校がオーダー表を渡してくれる。
アナウンス席にわかりやすくおいておく。
アナウンス席に
ペンとスコア用紙を白黒印刷した紙をおいておく。

あともう1人残っているマネージャーは
こちらも試合をするための用意。
監督が呼ばれるまでにメンバーを決めてくれているので、
そのメンバーを部員に伝える。
ピッチャーのアイシング用意、
スコアの用意、
アナウンス用・相手校用のオーダー表を用意、
昨日出していた相手校のデーターとスコアやペン、メガホンなど必要なものを持ってベンチへ。
ベンチの作戦版に名前を張る(この張る磁石も、入学当初に作る)
部員に相手校のデーターを元に得意分野、不得意分野を伝える。

9:00 練習試合開始
スコアをつけながらデータと比較し
自分の中でも作戦を考える。
でも、聞かれた時にだけ答える。
審判のストライクゾーン確認
(回によって変わる人もいるので注意)

他のマネージャーは
アナウンスや、BSOカウンター、
3回、5回、7回の給水、お昼ご飯買いに行く、洗濯物、残りのスペースでのミニノック、など人数的にできるところまで対応。上4つは絶対(上3つは1人でできます)
二校来る場合は
この試合中に来るので、
一校目にやったように
誘導や、監督への配慮や、アナウンス用のオーダー表渡しなど、しておく。

11:30ごろ試合終了
早いが監督たちはお昼ご飯。

買ってきたお弁当を並べ、
お茶を出し、
その場に1人待機(試合中の話がほとんどなのと、次のスコアには違う子が入ることを前提とし、一試合目のスコアラーの子)
お茶がなくなれば注ぐ、お弁当食べ終われば下げる、ごみ処理、後片付け

2校来るか1校だけかで
スタート時間は変わるが、
二試合目スタート

一試合目と同じようにやることをやる。

大体3試合する。

全ての試合後は
審判へお礼金を渡す。
部員がスコアを見て反省会をしている間に
次の練習の用意
(基本はバッティング)
ジャグなど点検、
スコアが返ってきたら
打率、守備率を出す。(今日の打率だけでなく、総合打率、場面打率、などを出しておくと良い。)

データまとめが終わったら、練習は
平日と同じように参加する。

休日は平日より1時間ほど早く終了。

 


______このような普段の流れ以外にも
怪我人が出た時、車の手配、
必要なら救急車をよび、
親元にも連絡。

雨の日や遠征や公式戦などはもっと動きが違ったりします。


____________________________________
かかる費用についてですが、
私たちの高校では、
帽子、Tシャツ4枚、防寒着、バッグだけ
共通のものを買わされました。
8万円ほどかかりました…。
最近やっと返せました(-.-;)y-~~~
あとはアンダーとか下のジャージとか運動靴
それはもうとことん安いのを選んだので
全部で5千円いってないです。
あとは遠征費はマネージャーは1000円
と一年で1万円の部費と
交通費は強いとこに行くと
試合には行かなくて、来てもらえるので
ナシです!
公式戦での会場へは交通費かかりますが!
※私立と公立なら違うかもです。私は私立です


仕事内容は
高野連に言われたんですが
日本で一番仕事が多いらしく
スコアの書き方も、アナウンス用のオーダー表、
アナウンスの仕方も褒められ
色んな大学からマネージャー推薦
もきました(o^^o)
なので同じ高校じゃなかったら
参考になってないかもしれませんが、
他の高校でも監督に言って見て
これらをやろうとして見てください。
本当に充実した2年半となりました。


部員には野球以外のことはやらせない、雑用は全部マネージャーのもの!ってぐらいでやって見てください!


最高の日々が待ってますよ!(^^)

長々と失礼しました…(o°°o)

引用:ヤフー知恵袋

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179945310?query=%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8+%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC+%E4%BB%95%E4%BA%8B&status=solved

 

 

どうでしょう??

野球部の女子マネージャーの仕事って、大変でしょう?

ベンチに座っているだけじゃないんです。

ある意味、補欠部員よりも凄く仕事しているかもしれません。

ある意味・・・。

これでチームの運営まで出来るようになれば凄いマネジメント能力が身についているのだと思います。

そうなるときっと将来に生きるはずです。

ある意味、頭を使うスポーツだと思います(*^_^*)

スポンサーリンク