野球好きの読み物

野球好きが見たこと、聞いたこと、考えたことを記事にしていきます。

【高校野球】夏の甲子園2018の出場校数・大会日程一覧・組み合わせ抽選日・前売り券の発売日はいつ?ミレニアム世代の注目選手も紹介【第100回全国高校野球選手権記念大会】



Advertisement


この記事をシェアする

大甲子園 (24) (少年チャンピオン・コミックス)

2018年、夏の甲子園が今から楽しみで待ち遠しいです!

もう、楽しみで楽しみで仕方ありません。なぜなら第100回記念大会だからなのです!

「夏の甲子園が100回記念だって!?そりゃあ、素晴らしい。けど、何でそんなに楽しみで仕方ないの??」

・・・と言われそうですが実は記念大会となると出場校数が増えるのです!

そして、あの「真紅の大優勝旗」も新調するそうです。

もう楽しみですねー(*^_^*)!!

そこで今回は・・・

【高校野球】夏の甲子園2018スペシャル!

 

【高校野球】夏の甲子園2018の大会日程一覧・組み合わせ抽選日・前売り券の発売日はいつ?ミレニアム世代の注目選手も紹介【第100回全国高校野球選手権大会】というタイトルでお送りしたいと思います(*^_^*)

どのサイトにも負けない内容でお届けできるように頑張ります\(^o^)/

ぜひ読んでいただけますと幸いです!

 

夏の甲子園2018の大会日程はいつ?(開幕日・決勝戦)

第100回全国高校野球選手権大会の大会日程ですが下記の通りとなります。

2018年8月5日(日)~8月21日(火)の計17日間。

8/5:開幕戦

8/21:決勝戦

(※休養日含みます)

場所:阪神甲子園球場

出場校数:56校

 

 

夏の甲子園2018の組み合わせ抽選会の日程はいつ?

球児たちの運命を決める組み合わせ抽選会の日程は下記の通りとなります。

2018年8月2日(木)

場所:大阪フェスティバルホール

 

 

夏の甲子園2018の日程一覧

一覧化するとこんな感じでしょうか?\(^o^)/

8月2日 抽選会
8月3日  
8月4日  
8月5日 開幕日
8月6日  
8月7日  
8月8日  
8月9日  
8月10日  
8月11日  
8月12日  
8月13日  
8月14日  
8月15日  
8月16日  
8月17日  
8月18日  
8月19日  
8月20日  
8月21日 決勝戦

※分かり次第、追記

 

夏の甲子園2018の前売り券の発売日日程はいつ?

まだスケジュールは出ていないですね・・・。

けど大体、夏の甲子園の開幕日から一ヶ月前くらいから販売開始されます。

参考になるか分かりませんが・・・、

2017年の夏の甲子園大会の前売り券は2017年7月14日に発売開始されました。

※分かり次第まとめていきたいと思います\(^o^)/

 

夏の甲子園2018は出場校数が史上最多に!

夏の甲子園2018は第100回全国高校野球選手権大会の記念にふさわしく、

出場校数が史上最多56校になっています!

「第100回は記念大会中の記念大会。より多くの球児に甲子園の土を踏んでほしい」

・・・と高校野球連盟の竹中雅彦事務局長は説明されています。

北海道と東京は従来通り、2校ですが・・・、高校数が多い県を中心に出場校数が増えています。どうやら試合数の多さを考慮して決めているようです。

代表校が2校となる都道府県はこちらです!

 

 

---

●北海道

・北北海道

・南北海道

●東京都

・東東京

・西東京

●埼玉県

・北埼玉

・南埼玉

●千葉県

・東千葉

・西千葉

●神奈川県

・北神奈川

・南神奈川

●愛知県

・東愛知

・西愛知

●大阪府

・北大阪

・南大阪

●兵庫県

・東兵庫

・西兵庫

●福岡県

・北福岡

・南福岡

---

地区割なども分かり次第、追記していきますね\(^o^)/

 

夏の甲子園2018で出場校数2校に増えた地区の理由!

高校野球連盟では試合数が多い都道府県が基本的に選ばれています。

これは競争率という概念を元に算出されたのかもしれません。

式は簡単・単純・明快です!加盟校数÷出場校数です。

最新の平成29年(2017)のデータから算出してみます!

これを見ると加盟校数の順で決められているのかなぁ??と思いますね。

 

都道府県 加盟校数 出場校数 競争率
東京 274 2 137
北海道 228 2 114
神奈川 194 2 97
愛知 191 2 95.5
大阪 189 2 94.5
千葉 172 2 86
埼玉 164 2 82
兵庫 164 2 82
福岡 136 2 68
静岡 112 1 112
茨城 105 1 105
広島 95 1 95
新潟 91 1 91
長野 89 1 89
福島 84 1 84
京都 79 1 79
鹿児島 78 1 78
宮城 74 1 74
岩手 71 1 71
群馬 69 1 69
岐阜 68 1 68
青森 67 1 67
三重 65 1 65
熊本 65 1 65
沖縄 64 1 64
栃木 63 1 63
山口 61 1 61
愛媛 60 1 60
岡山 59 1 59
長崎 57 1 57
滋賀 56 1 56
石川 51 1 51
秋田 49 1 49
山形 49 1 49
宮崎 49 1 49
富山 48 1 48
大分 45 1 45
奈良 43 1 43
佐賀 41 1 41
和歌山 39 1 39
島根 39 1 39
香川 38 1 38
山梨 36 1 36
高知 32 1 32
徳島 31 1 31
福井 30 1 30
鳥取 25 1 25
総合計 3,989 56 71.23214

▼参考資料

平成29年(2017年)度|部員数(硬式)|資料|公益財団法人日本高等学校野球連盟

 

【夏の甲子園】過去の記念大会での代表校数一覧

夏の甲子園2018、第100回記念大会では史上最多の56校だけど、それまではどうだったの???という声もありそうなのでまとめてみました。

第1回 1915 10
第10回 1924 19
第20回 1934 22
第30回 1948 23
第40回 1958 47
第45回 1963 48
第50回 1968 48
第55回 1973 48
第60回 1978 49
第80回 1998 55
第90回 2008 55
第100回 2018 56
 

 

ミレニアム世代注目選手一覧

夏の甲子園2018に出場するかもしれないミレニアム世代注目選手がこちらです。

2000年生まれでその潜在能力はどの世代にも負けないほどの力があるとも言われています。

 

菊地吏玖(札幌大谷)

柴田颯(札幌第一)

新出篤史(函館大有斗)

葛岡仁(東北)

杉沢龍(東北)

増田陸(明秀日立)

鈴木和樹(霞ヶ浦)

竹川大稀(常盤大高)

山下航汰(健大高崎)

今井佑輔(健大高崎)

佐野涼弥(浦和学院)

岩渕正剛(専大松戸)

田宮裕涼(成田)

野村佑希(花咲徳栄)

野村大樹(早稲田実業)

雪山幹太(早稲田実業)

日置航(日大三)

田中悠我(帝京)

石橋康太(関東一)

平間陸斗(二松学舎大付)

森下将太(東海大相模)

斉藤大輝(横浜)

万波中正(横浜)

長南有航(横浜)

松下壮悟(星槎国際湘南)

小野寺瑞生(東海大甲府)

米倉貫太(埼玉栄)

今里凌(専大松戸)

渡部雄大(東海大甲府)

鈴木裕太(日本文理)

新谷晴(日本文理)

成瀬和人(静岡)

柳本優飛(愛工大名電)

室田祥吾(愛工大名電)

定本拓真(三重)

北村恵吾(近江)

横川凱(大阪桐蔭)

柿木蓮(大阪桐蔭)

根尾昴(大阪桐蔭)

山田健太(大阪桐蔭)

藤原恭大(大阪桐蔭)

浜内太陽(履正社)

松原任耶(履正社)

筒井太成(履正社)

大石晨慈(近大付)

神頭勇介(報徳学園)

小園海斗(報徳学園)

林晃汰(智弁和歌山)

文元洸成(智弁和歌山)

谷合悠斗(明徳義塾)

田中闘(明徳義塾)

中村宣聖(西日本短大付)

稲本侑星(福岡大大濠)

樺嶋竜太郎(福岡大大濠)

松井義弥(折尾愛真)

山下竜哉(秀岳館)

渡辺瑠雄(秀岳館)

工藤康紀(九州学院)

緒方敬亮(九州学院)

萩尾匡也(文徳)

宮川凌太(文徳)

俵森大輔(神村学園)

 

随時、情報が分かり次第、追記していきます(*^_^*)

スポンサーリンク