野球好きの読み物

野球好きが見たこと、聞いたこと、考えたことを記事にしていきます。

金久保優斗(東海大市原望洋)紹介!Twitterに中学時代・高校時代も!2017年ドラフト候補



Advertisement


この記事をシェアする

2017年ドラフト!一体どんな選手がドラフト指名されるのか毎年、注目が集まっています。2017年ドラフト候補となる選手たちも逸材ぞろいです。

どんな選手がプロに行くのか楽しみですね!

今回は、東海大市原望洋のエースとして活躍している金久保優斗投手を取り上げてみたいと思います。

金久保優斗投手は最速147キロのストレートが武器の本格派投手です。

一つ上の学年に島孝明投手がいます。

MAX153キロを投げ千葉ロッテに2016年ドラフト3位指名された選手です。

その島孝明投手と比べると安定感が抜群といわれています。

その完成度は世代ピカイチかもしれません!

すぐにプロでも活躍するんじゃないかな?と期待が持てますね(^^)/

そんな金久保優斗投手のTwitterや中学時代・高校時代・大学時代に迫ってみたいと思います。ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

金久保優斗のTwitter

Twitterですが・・・非公開となっているようです。

twitter.com

 やはり、注目の球児となってくるとフォロワーが一気に増えてきますもんねー。

 

金久保優斗の中学時代

金久保優斗投手は千葉県八代市の出身です。

中学時代は八千代台西中学校です。

硬式シニアの名門・佐倉シニアで技術を磨いていたそうです。

ちなみに金久保優斗投手は全国大会で優勝!

さらにジャイアンツカップでも優勝でした!

凄まじい実績ですね!

 

金久保優斗の高校時代

金久保優斗投手は

高校時代では1年生の秋からベンチ入りしました!

1番セカンドで二番手投手でもありました。

県大会2回戦では138キロを記録!

2年春には背番号11で県大会優勝!関東大会ベスト8という成績を残しました。

この頃から安定感ではエースよりも金久保優斗投手が上じゃないか?と

プロ野球のスカウト陣からささやかれていました。

2年夏の県大会では3試合で16回1イニングを1失点と堂々たる成績。

しかしベスト8敗退。

この大会ではノーヒットノーランを達成しました。

そして、146キロを計測!

このまま順調に成長していけば・・・

高校三年生の夏には150キロの大台突破も狙えるんじゃないかな?と思います。

非常に楽しみですね(^^)/

 

金久保優斗のドラフト指名球団は?

今のところ、まだまだ分かりませんが

やはり地元球団である千葉ロッテマリーンズでしょうか??

スポンサーリンク